ハエ取り紙の理論

税制におけるハエ取り紙の理論(はえとりがみのりろん、Flypaper theory)とは、補助金が地方自治体のもとに入ると減税などで住民に還元されることなく、財政支出という形で地方政府に張り付いてしまうことから、それを紙に張り付くハエに例えてGramlch and Galper(1973)によって命名された理論[1]。フライペーパー効果、フライペーパーセオリーとも。中央政府からの補助金が地方政府の追加的な財政支出をもたらす構造を比喩したものであるが、一般に「ある階層や集団から税金を取りたければ直接課税すれば良い」という考え方[要出典]に対して用いられることがある

住山徳太郎

東京府出身。住山宗次郎の長男として生まれる。学習院中等科を経て、1906年(明治39年)11月、海軍兵学校(34期)を卒業し、翌年12月に海軍少尉任官。海軍大学校で乙種学生、同専修学生として学び、水上機母艦「若宮丸」分隊長、通報艦「淀」航海長、海兵教官、第三艦隊参謀、東郷平八郎元帥副官などを経て、1919年(大正8年)12月、海軍大学校(甲種17期)を卒業。以後、巡洋戦艦「鞍馬」航海長、第三艦隊参謀、横須賀海兵団分隊長、戦艦「敷島」航海長、第二艦隊参謀、海軍省人事局第1課局員などを歴任。
1926年(大正15年)12月、東宮兼侍従武官、侍従武官、戦艦「榛名」艦長、呉鎮守府参謀長などを歴任し、1932年(昭和7年)12月、海軍少将に進級。以後、第8戦隊司令官、教育局長などを経て、1936年(昭和11年)12月に海軍中将となる。その後、海兵校長、海軍次官、佐世保鎮守府司令長官、軍事参議官などを歴任し、1942年(昭和17年)3月、予備役に編入された。その後、秩父宮別当を勤めた。

ザプルーダー・フィルム

ザプルーダー・フィルム(the Zapruder film)とは、1963年11月22日にアメリカ合衆国のテキサス州ダラスを訪問したジョン・F・ケネディ大統領の車列を、会社経営者のエイブラハム・ザプルーダーがカラーで撮影した8mmフィルムのことである。このフィルムは偶然にも、ケネディ大統領暗殺事件を最も明瞭に記録した映像となったことから一躍有名になった。アメリカ国立フィルム登録簿に登録されている。

オカイ郡

オカイ郡(あるいはレカイ郡)はハイチ南西部、南県中部の郡。北東にニップ県バラデー郡、東にアカン郡、北西にグランダンス県コライユ郡、西にシャドニエ郡、南西にコトー郡・ポーサリー郡と接し、南東はカリブ海に面しヴァシュ島が浮かぶ。
レカイの他、北部にカンペラン、北東にマニシュ、ヴァシュ島にリラヴァシュ、西にシャンタル、南西にトーベックの5つのコミーンが置かれている。郵便番号は81から始まる。

メリッサ・ヘルナンデス

減量のためゴールデングローブ2度優勝の兄を持つ親友を通じてボクシングを始めた。ボクシングを始める前は73kgあった体重もニューヨーク・ゴールデングローブにて63kg級で試合に出場するまで減らした。
その後、プエルトリコ初の世界チャンピオンアダ・ベレスと出会い、フロリダ州に拠点を同じプエルトリコ人のベリンダ・ララキュエントと練習を共にする。全国選手権・ゴールデングローブでタイトルを獲得した。
2005年プロ転向。10月26日、地元ニューヨークで中国人選手相手にデビュー。判定勝利。
2006年6月15日、4戦目にして初の世界挑戦。ケルシー・ジェフリーズが持つIFBA世界フェザー級王座に挑むが引き分け。
11月4日、カナダでリサ・ブラウンとのWIBA世界ライトフェザー級王座決定戦に挑み、3-0判定で初タイトル獲得。
2007年2月14日、レイラ・マッカーターが持つGBU女子世界ライト級王座に挑戦。この試合は12回戦で行われたが、8回RTDによりプロ初敗北となった。
4月27日、マッカーターとのダイレクトリマッチを2-0で制してGBU王座獲得そして2階級制覇を達成。なお、この試合は8回戦で行われた。
その後、王座返上。
2008年2月7日、チーベル・ホールバックとのIFBA世界ライト級王座決定戦に挑むが引き分け。
6月7日、エリッサ・フィオレンティーノをTKOで退け、9月5日、エラ・ヌネスとのWIBA世界スーパーフェザー級王座決定戦に挑み、3-0判定で3階級制覇達成。
その後はノンタイトル3戦戦い、いずれも勝利。