ハエ取り紙の理論

税制におけるハエ取り紙の理論(はえとりがみのりろん、Flypaper theory)とは、補助金が地方自治体のもとに入ると減税などで住民に還元されることなく、財政支出という形で地方政府に張り付いてしまうことから、それを紙に張り付くハエに例えてGramlch and Galper(1973)によって命名された理論[1]。フライペーパー効果、フライペーパーセオリーとも。中央政府からの補助金が地方政府の追加的な財政支出をもたらす構造を比喩したものであるが、一般に「ある階層や集団から税金を取りたければ直接課税すれば良い」という考え方[要出典]に対して用いられることがある

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *