大須賀忠政

大須賀 忠政(おおすが ただまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。上総久留里藩主、後に遠江横須賀藩の初代藩主。
生涯[編集]
天正9年(1581年)、徳川氏の重臣・榊原康政の長男として生まれる。同じく徳川氏の重臣だった外祖父大須賀康高に嗣子がなかったことから、天正17年(1589年)の康高の死後、その養子となって大須賀氏を継いだ。この時、徳川家康から松平姓を与えられた。榊原家は2人の弟忠長、康勝がそれぞれ父の後継者となった。
天正18年(1590年)、家康が関東に移封されると、上総久留里に3万石を与えられた。慶長4年(1599年)、豊臣姓を下賜され[2]、4月17日に従五位下、出羽守に叙任される。関ヶ原の戦い後の慶長6年(1601年)2月、上総久留里から遠江横須賀6万石に加増移封され、横須賀藩の初代藩主となった。慶長7年(1602年)、家康から松平氏を与えられた[3]。慶長10年(1605年)には大規模な検地を行ない、さらに城下町造りなどを積極的に行なって藩政の基礎を固めた。
慶長12年(1607年)春に病に倒れ、養生のために上洛したが、その甲斐なく9月11日に死去した。享年27。
跡を子の忠次が継いだ。忠次は後に父の旧姓である榊原家の家督を継承している。

両生類の減少

両生類の減少(りょうせいるいのげんしょう)とは、両生類の生息数減少、個体群消滅、および、地域的絶滅などが発生する現象である。劇的な両生類の減少は、1980年代以降世界各地で注目されている。また両生類生息数の減少は、グローバルな生物多様性に対する最も重大な脅威のひとつとみなされている。生息地の破壊と改変・乱獲・汚染・外来種・気候変動・有害紫外線 (UVB) の増加・疾病など、多くの原因があると考えられている。しかし、両生類減少の原因は多くが未だよく理解されておらず、現在進行中の多くの研究のトピックとなっている。

ボイオリクス

ボイオリクス(Boiorix、? – 紀元前101年)は、キンブリ族の王。ボイオリクスに率いられたキンブリ族は、北海沿岸のもともとの居住地域から、新たな定住地を求めて南へ移動していった。ボイオリクスの最大の成功は、紀元前105年のアラウシオの戦いでローマ軍に対して大勝利を挙げたことであった[1]。それ以前にも、紀元前113年のノレイアの戦いにおいて、ボイオリクスはローマ軍を撃破していた。しかし、その後、紀元前101年のウェルケラエの戦いにおいてガイウス・マリウス率いるローマ軍に敗北した。ボイオリクス自身も、この戦いの際に戦死した。

アイザック・アシモフ

アイザック・アシモフ(Isaac Asimov、1920年1月2日 – 1992年4月6日)は、アメリカの作家、生化学者(ボストン大学教授)である。非常に成功した多作の作家であり、その著作は500冊以上を数える[2]。彼が扱うテーマは科学、言語、歴史、聖書など多岐にわたり、デューイ十進分類法の10ある主要カテゴリのうち9つにわたるが[3][注 1]、特にSF、一般向け科学解説書、推理小説によってよく知られている。
日本語では「アシモフ」と「アジモフ」などの片仮名表記があり、前者での表記が一般的であるが、本人が望んでいた読みは後者の発音に比較的近い[ˈaɪzək ˈæzɨməv]である[注 2]。
ジュブナイル作品ではポール・フレンチという筆名を用いた[4][5]。1942年発表のSF短編 Time Pussy では George E. Dale という筆名を用いた[6][7]。1971年の著書 The Sensuous Dirty Old Man では Dr. A という筆名を用いた[8]。